2012年10月22日

OZONEセミナー/JIA建築家と考える住まいづくり「住まいにおけるエネルギー」9月8日(土)報告

jiajutaku10.22a.jpgjiajutaku10.22b.jpg
「住まいにおけるエネルギー」
日時:9月8日(土) 11:00〜12:30
場所:リビングデザインセンターOZONE 8Fセミナールーム

講師:大川 直治(大川建築都市設計研究所):中澤 克秀(中澤建築設計事務所)
コーディネーター:児野 孝治(児野建築研究室)


住まいのエネルギーを考える時、エネルギー消費の少ない住宅機器を使うと言うことがイメージされると思いますが、本日はそれとは違う観点から住まいのエネルギーを考えて見ようと思います。住まいの良い室内環境を創ろうとした時、電気・ガス等の既成エネルギーを使った機械を中心としたものではなく、自然エネルギー・自然の力を利用することが大事になります。つまり、機械に頼よらないで気持の良い住まいづくりを心掛ける。「省エネルギー」のための住まいづくりではなく、気持の良い住まいづくりを考えることが重要です。このような観点で本日のセミナーを行います。と児野が説明。

次に大川さんが、温度・湿度等人間が気持良いと感じる環境を説明された後、気持の良い住まいづくりをするために、考えなければならない事を丁寧に説明されました。それは敷地の持つ条件を読み取る。風の流れを見つける。敷地の周辺を活かした建物配置を考える等自然に沿った住まいづくり。また、熱を逃がさない。日射を上手にコントロールする。通風を確保することも大切である。そして自然を取り入れるシステムを考えることも大切ですとお話されました。これらを実践された事例の紹介もされました。

最後に中澤さんが、自邸で取り組まれた自然の力を利用された住まいづくりを紹介されました。自邸であると言う事で一部には実験的なものも取り入れられ、とても興味深い住まいづくりの紹介でした。自分で住んでおられ、その効率・効果のお話には説得力のあるものでした。聴講された方々も興味を持って聴かれていました。

講義後の質問も多数あり、時間も少しオーバーしてしまいました。終了後も何人もの方が個別に質問に来られ、皆様大変興味をお持ちだと感じました。

●次回、11月19日『集まって暮らす魅力』〜2世帯、3世帯住宅から個世帯、シェアハウス、集合住宅まで〜 が開催されます。是非御参加下さい。
http://www.jia-kanto.org/members/event/event_m/lecture/bukai20121119.html

JIA関東甲信越支部住宅部会 市民住宅講座WG:児野 孝治(児野建築研究室)
JIA関東甲信越支部住宅部会HP  http://www.jia-kanto.org/jutaku/
posted by 住宅部会 at 10:58| 部会活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする