2010年05月13日

5/12 SUMAIセミナーPART11第2回(5月)セミナー報告

inax0512-1.jpg

5月12日(水)京橋のINAX:GINZAにおいて
SUMAIセミナPART11 第3回セミナー
『建築家とのリノベーション』〜賢く住み継ぐために必要なこと〜
が行われました。(コーディネーター:鈴木利美 講師:河辺近 三上紀子)
まず最初に河辺さんよりリフォームを考える際に知っておきたい基本的な事柄の説明がありました。戸建と集合住宅の場合の相違点、構造形式によって生じてくる違い(可能な事、不可能な事)、設備的な制約等々広範囲にわたる話ですが、どれも計画に影響するとても大事な話だと思います。また住宅版エコポイントについても説明をして頂きました。
河辺さんからは「何のためのリフォームなのか」を考える事と建築家に自分の意思をはっきり伝える事の大切さが実例を交えて説明されました。
休憩をはさんで三上さんより、1件の実例(マンションのスケルトンリノベーション)をドキュメント形式に、相談の始まりから、設計段階の事、現場が始まってから工事監理に行った事の話、引き渡しに至るまでたっぷり話して頂きました。工事が完成し、住んでしまえば見えなくなってしまう裏方の部分や、完成時の綺麗な写真を見るだけでは想像がつかない、現場での問題と判断の連続の話には、参加者も驚かれたのではないでしょうか。是非リノベーションを考えている方には聞いて頂きたいセミナーとなりました。

第3回のセミナーは6月16日(水)18:30〜20:30
場所は同じく、INAX:GINZAにおきまして、
住まいづくりの書籍に関わられたフリーライターの方を聞き手としてお呼びして、建築家に思うがままに疑問等をぶつけて頂くトークイベントを企画しております。これまでのセミナーとは違い、建築家からの一方向的な話では無く、一般市民の目線からの話はきっと楽しいトークイベントになると思います。是非ご参加ください。
詳細、お申し込みはこちらよりお願いします。


(宮島亨/V建築設計室)



posted by 住宅部会 at 18:35| SUMAIセミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。