2010年08月05日

INAX・SUMAIセミナー第4回「情報に振り回されない住まいづくり 〜建主力をつける〜 」

INAX100721-01.jpgINAX100721-02.jpgINAX100721-03.jpg
2010年 SUMAIセミナー −建築家と考えるこだわりの住まいづくりPart11−
「第4回 情報に振り回されない住まいづくり 〜建主力をつける〜 」 
  2010年7月21日(水)18:30〜20:30  於INAX:GINZA

講師:寺山実(寺山実建築工房)、庫川尚益(くらかわプラニング設計)、コーディネーター:湯浅剛(アトリエ六曜舎)で、セミナーを行いました。

インターネットの普及などにより、住宅に関してもさまざまな情報が飛び交う昨今、住まいづくりをはじめる建主にも、本質をとらえる判断力が不可欠となっています。そこで、今回のセミナーでは、建主の役割や責任、建築家との絆などを中心に話を進めました。

まずは私、湯浅から、建築家協会や住宅部会の紹介、そしてセミナー内容のガイダンスを行いました。次に寺山氏が、住宅に関わるさまざまな情報の種類(インターネット/書籍/ショールーム/現場)について、そしてそれぞれの長所・短所、危うさについて、また情報を知る事、と判断する事の違いや、情報の整理とバランス感覚の重要性について、事例も少し交えながら説明を行いました。最後に、庫川氏が、建築家との協同作業によって「楽しい住まいづくり」を実践するということをテーマに、捨てる情報と拾う情報について、また建主と建築家が、それぞれ提示すべき情報とは何かについて、説明されました。そして建主の社会的責任という立場において、住宅から街並としての環境について考えることも大切だというお話に至りました。

家づくりを成功させるためには、性能や技術的な情報の蓄積をしてもあまり意味がなく、建主自身が理想とする「暮らし」とは何か、をまず考える事が大切であるということ。そして何より自分たちの考え方をしっかり把握して実現してくれる、信頼できる依頼先を見つけることが、最も重要なことなのではないか、というまとめでセミナーは終了いたしました。
 少し難しい内容のセミナーとなったように感じましたが、受講生の皆さんは、とても真面目に最後まで耳を傾けていらっしゃっいました。   
住宅部会市民講座WG:湯浅剛(アトリエ六曜舎)

●次回は8月18日(水)18:30〜 第5回「柔軟な発想で考える住まいづくり〜もっと自由に考えるオリジナルな住まい」が開催されます。
http://www.jia-kanto.org/members/event/event_m/lecture/bukai20100818.html


posted by 住宅部会 at 17:03| SUMAIセミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。