2011年05月16日

4/30 市民住宅講座2011年前期・「街」について考えよう、住まいと暮らし 第3回■街歩き・住宅編が開催されました!

4月30日。すっきりと晴れた気持ちのよい土曜日に、江戸東京たてもの園にて、市民住宅講座2011年前期・第3回 街歩き・住宅編「日本の住まいと快適な暮らし」が開催されました。

参加者9名と、住宅部会からは、郡山毅氏、寺山実氏、宮島亨氏、湯浅剛氏そして下田の5名、計14名での見学となりました。

最初は、江戸〜明治にかけてつくられた民家(農家)を中心に、当時の日本人の暮らしぶりや、快適に過ごすため工夫、そして間取りや構造など、寺山氏と郡山氏が中心となって、ひとつひとつ実際に見ながら、説明を行いました。ちょうど当日はGW期間ということもあり、囲炉裏に火が入れられており、参加者はより当時の生活をイメージできたのではないでしょうか。

irori.jpg

 

次は、より現代の住まいのスケールに近い明治時代につくられた「町屋」の原型ともいえる住宅を見学。「仕立屋」という名の通り、店舗併用住宅ですが、その内と外のつながり方には日本人ならでは、日本建築ならではのあいまいさを感じることができます。


shitateya.jpg

 

そして大正〜昭和になると、現在の住宅に近い住まいが見られるようになります。
最初は「田園調布の家」 それまでの住まいとは異なり、居間を中心にしたより機能的な動線・配置となっています。
また建築家堀口捨巳による「小出邸」では、海外の流行デザインと日本の伝統的デザインを巧みに折衷した造形が目を引きました。

 

そして最後は昭和に建てられた、前川國男邸。海外の機能的な生活様式を取り入れながらも、日本の伝統的な建築美を意識させます。ダイナミックでありながら繊細な光に満ちた空間に身を置くと、ただただ気持ちのいい時間が過ぎていきます。

maekawa.jpg

時代ごとに人の生活は変わっていきますが、それでも我々は日本建築のなかに身を置いているのだと強く実感できる街歩きでした。

次回は、6月22日(土) 詳細はこちら

http://www.jia-kanto.org/members/event/event_m/lecture/bukai20100522.html


JIA関東甲信越支部住宅部会HP  http://www.jia-kanto.org/jutaku/

住宅部会:下田仁(下田設計)

 


posted by 住宅部会 at 22:26| JIA市民住宅講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。