2011年06月20日

建築家と考える住まいづくり2011 第2回(5月)セミナー報告



2011
年度 OZONE 住まいづくりセミナーの報告     「はじめての住まいづくりH」 「JIA建築家と考える住まいづくり」 2回セミナー「建て主の私が希望する我が家」〜夢・希望・要望のまとめ方、伝え方〜2011528日(土)15001630 於 新宿OZONE 8階セミナールームB 建て主の自分が夢や希望を実現するために建築家など、家づくりの専門家に要望をどのように伝えたら思いのままに伝わるのか、伝えるべきポイントを整理して疑似体験として実際に「要望書」を書いて建築家と考えようと、体験セミナーを講師高橋隆博(アトリエ秀)、コーディネーター近藤昇(近藤総合計画事務所)2人で開催しました。 最初に近藤が4月セミナーで使用された模式図で設計と施工・設計施工の違いと総工事費に占める設計監理費と施工者経費の説明を行いました。講師の高橋さんは本来、住まいづくり(注文住宅)において、家族の数だけ、住まいのかたちがあるはず……。昨今の住宅事情では注文住宅でも画一的で、建売り住宅と代わり映えのない家々の多さは、言うまでもなくその要因のひとつとして、要望書(調査書)といった、供給者側(企業)の原理でつくられたパターン化された書式の要望書(調査書)に問題があるのではと言う所から解説を行いました。本来、建て主はもっと色々な考えを持っているので、それらをいかに相手に伝えるかを疑似体験として実際に「要望書」を書いて、参加者と一緒に話し合いをしながら考えてみました。書かれた「要望書」は健康的な家・エコ省エネを考えた家・構造体がしっかりした安全な家等の内容が多かったです。やはり東日本大震災の影響があるのでしょうか?しかし建築家は書き出された部分を解釈するのではなく、その内容から何を言わんとしているのかを考えますと解説しました。最後に解説だけでは物足りなくなりますので実例を画像で紹介をしました。又近藤も同様に実例を紹介しました。今回のセミナーの申し込みは22名でしたが参加者は夫婦6組の総勢16名でした。今年度から今までのJIAセミナーからOZONEセミナーへ組み込んで頂いた結果、参加者が多くなりだしたように感じられます。リビングデザインの方々には大変に感謝をいたします。少しでも一般市民の方々に我々の活動が知れ渡る事を願うばかりですし、我々も努力をしていかなければならないと感じました。 次回は618日(土)に第3回セミナー「居心地の良い場所づくり〜家族の住まい方から〜」が開催されます。

                      記  近藤 昇(近藤総合計画事務所)2011年度0528 OZONEセミナーの報告.1.bmp2011年度0528 OZONEセミナーの報告2.bmp



posted by 住宅部会 at 10:25| 建築家と考える住まいづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。