2013年10月21日

JIA建築家と考える暮らしと住まい 2013年10月セミナー報告

ozone1012a.jpgozone1012b.jpgozone1012c.jpg
OZONEセミナー報告2013年第7回「太陽エネルギーとの上手な付き合い方」2013年10月12日(土) 於:新宿OZONE

住宅部会では、リビングデザインセンターOZONEと共催で一般市民を対象とした活動を毎月行っています。今年度の「JIA建築家と考える暮らしと住まい」では、エネルギー という社会的関心の高いテーマを取り上
げ、住宅との関係について毎回切り口を変えてセミナーを行っていきます。

講師:中澤克秀(中澤建築設計事務所)小林真人(小林真人建築アトリエ)聞き手:三浦真紀(フリーライター)で行われました。一年を通してエネルギーをテーマにセミナーを行っていますが、7回目は太陽のエネルギーに注目して具体的な事例をあげて利用価値を探りました。

最初に小林真人からなぜ今、太陽エネルギーなのか、その背景と利用価値を説明し、日本の一般家庭のエネルギー消費割合が高いのは「暖房」と「給湯」であることをグラフで理解してもらいました。そこで太陽エネルギーには光と熱があることを紹介されました。

中澤克秀が熱利用の太陽熱温水システムと太陽光発電システムの2種類の実例を紹介して、その違いやメリットデメリットを説明。実際の光熱費も公開しました。都会の狭い敷地では屋根の方角や面積など、太陽光発電の条件に合わない場合があるが、熱利用など、他にも方法論がある事を話されました。

設備に頼らない太陽エネルギーの活かし方として、ダイレクトゲインの仕組みと効果を実例を通して紹介。消費割合の高い「暖房」のエネルギー消費を減らす効果がある事を図解説明し、最後に燦々と降注ぐ太陽光はメリットばかりではなく、夏の西日など厄介な面もあるので、その対策が必要。季節に合わせて可動する方法が良いのではと話されました。

聞き手の三浦真紀から投げかける質問に、講師二人が答えるやり方で、参加者に興味を持っていただけたと感じます。参加者からの質問は具体的なものが多く、テーマを太陽に絞ったことが、話を判りやすく出来たのではないかと思います。

次回は11月9日(土)すまいに関わる自然エネルギーの実践〜木質バイオマスエネルギー〜です。
http://www.ozone.co.jp/event_seminar/seminar/seminar_a/detail/1462.html

JIA関東甲信越支部住宅部会HP  http://www.jia-kanto.org/jutaku/
住宅部会市民住宅講座WG:中澤克秀(中澤建築設計事務所)
posted by 住宅部会 at 15:06| 部会活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする