2011年06月20日

建築家と考える住まいづくり2011 第2回(5月)セミナー報告



2011
年度 OZONE 住まいづくりセミナーの報告     「はじめての住まいづくりH」 「JIA建築家と考える住まいづくり」 2回セミナー「建て主の私が希望する我が家」〜夢・希望・要望のまとめ方、伝え方〜2011528日(土)15001630 於 新宿OZONE 8階セミナールームB 建て主の自分が夢や希望を実現するために建築家など、家づくりの専門家に要望をどのように伝えたら思いのままに伝わるのか、伝えるべきポイントを整理して疑似体験として実際に「要望書」を書いて建築家と考えようと、体験セミナーを講師高橋隆博(アトリエ秀)、コーディネーター近藤昇(近藤総合計画事務所)2人で開催しました。 最初に近藤が4月セミナーで使用された模式図で設計と施工・設計施工の違いと総工事費に占める設計監理費と施工者経費の説明を行いました。講師の高橋さんは本来、住まいづくり(注文住宅)において、家族の数だけ、住まいのかたちがあるはず……。昨今の住宅事情では注文住宅でも画一的で、建売り住宅と代わり映えのない家々の多さは、言うまでもなくその要因のひとつとして、要望書(調査書)といった、供給者側(企業)の原理でつくられたパターン化された書式の要望書(調査書)に問題があるのではと言う所から解説を行いました。本来、建て主はもっと色々な考えを持っているので、それらをいかに相手に伝えるかを疑似体験として実際に「要望書」を書いて、参加者と一緒に話し合いをしながら考えてみました。書かれた「要望書」は健康的な家・エコ省エネを考えた家・構造体がしっかりした安全な家等の内容が多かったです。やはり東日本大震災の影響があるのでしょうか?しかし建築家は書き出された部分を解釈するのではなく、その内容から何を言わんとしているのかを考えますと解説しました。最後に解説だけでは物足りなくなりますので実例を画像で紹介をしました。又近藤も同様に実例を紹介しました。今回のセミナーの申し込みは22名でしたが参加者は夫婦6組の総勢16名でした。今年度から今までのJIAセミナーからOZONEセミナーへ組み込んで頂いた結果、参加者が多くなりだしたように感じられます。リビングデザインの方々には大変に感謝をいたします。少しでも一般市民の方々に我々の活動が知れ渡る事を願うばかりですし、我々も努力をしていかなければならないと感じました。 次回は618日(土)に第3回セミナー「居心地の良い場所づくり〜家族の住まい方から〜」が開催されます。

                      記  近藤 昇(近藤総合計画事務所)2011年度0528 OZONEセミナーの報告.1.bmp2011年度0528 OZONEセミナーの報告2.bmp

posted by 住宅部会 at 10:25| 建築家と考える住まいづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

HAKCo.,Ltd秋田より 「我が家に使う素材を考えよう」セミナー&ワークショップ報告

去る12/18(土)、リビングデザインセンターOZONEにてセミナーとワークショップが開催されました。
2010年度、月一回のペースで開催されてきた「建築家と考える住まいづくり」セミナーシリーズの第8回に数えられる今回は、「我が家に使う素材・建材を考えよう」 をテーマに設定されておりました。

本セミナーでは、講師を(有)U設計室の落合さんと、私HAK Co.,Ltdの秋田とで務め、コーディネーターに(有)無垢里の金田さんをお迎えして、それぞれの建築家が切り口を違えて素材というキーワードの捉え方を提示しました。


まずは金田さんのイントロダクションから始まります。
素材は感触、耐久、意匠、コスト、環境それぞれの側面から考えることが重要であるという前提のもと、日本特有の環境の中で育まれてきた伝統的な民家の造りが如何に理にかなったものであるかを提示されました。
こうしたつくりは現代建築においても応用すべき利点を備えているという点にお話しは収斂し、詳細なデータに裏付けられたお話しは説得力に富み、受講者の皆さんもじっと聞き入っておられました。

さて、本レクチャー先発は落合さんです。テーマは「木材について考えよう」です。
自然素材の選択や、エコロジカルなエネルギー利用計画に造詣が深い落合さんらしく、お話は、良質な木材を得るには森の手入れがまず大事であるというところから始まりました。

その後、木の家の耐久性や耐火性、また地震への耐力などを紹介され、RC造などに比べそれぞれの面で劣ると思われがちな木造住宅だが、実は必ずしもそうではないという内容を持参された木材サンプルに実際に触れてもらいながら分かりやすく説明されました。
特に燃えやすそうな木材も表面のある深さまで燃えてしまえば、炭化した層がそれ以上の材内部への延焼を抑えてくれる、というくだりでは受講者の皆さんも意外であったようで、感心して何度もうなずく方が多く見受けられました。

後半では落合さんの手掛けられた実作を参照しながら、良質な木材を適正に使用して造られた住まいの居心地の良さ、穏やかで安らぎを感じさせるその佇まいを紹介され、プロジェクターで映しだされるいかにも住まい心地の良さそうな空間に皆さんすっかり魅入られていました。
 
レクチャー風景(落合先生).jpg
(レクチャー風景-1)

僭越ながらトリはわたくし秋田が務めさせていただきました。
テーマは「体にも良く、心にも良く、家族のコミュニケーションにも役立つ素材とは」です。

近年私の事務所で注目し、いくつかの計画で採用してきた「珪藻土」と「ポーターズペイント」という具体的な仕上げ素材を話の軸において、そうした素材の持つ室内環境へ貢献できる性能面での特性、また住まいに相応しい空間を演出するための素材感、色彩を考えることの重要性をお話ししました。

安らぎの場である住まいにおいて、そこで選択される素材の性能と、色彩を含めた意匠は同レベルに大切なものであり、どちらかを欠いても住み心地の良い住まいは成立しないということをお話しさせていただきました。
またさらに重要な点として、こうした素材が持つ施工性について話しを展開し、自主施工が住まい手にもたらしうる意識的、精神的なメリットを紹介しました。
自分の住まいを自らの手で仕上げることは、住まいへの愛着を育み、また共同作業によって家族間の絆をさらに深める機会を与えてくれます。
そこに住まう家族同士、また家族と家相互が愛情や愛着でつながっていることは最も望ましい住まいの在り方ではないかとはなしを締めくくり、続いて小休憩をはさんでワークショップに移行しました。
 
レクチャー風景(秋田).jpg
(レクチャー風景-2)

ポーターズペイント体験、珪藻土塗り体験の二本立てのプログラムを用意し、それぞれご協賛いただいたオリエンタル産業(株)、(株)サメジマコーポレーションの担当者の指導のもと、皆さん和気あいあいと取り組んでいました。

ポーターズペイント体験では今回は乾燥後黒板として使える種類を使用しましたが、皆さん思い思いに色を選択し、カラフルな小メッセージボードが完成していました。
珪藻土塗りは少しコツが要りますが、その分皆さん集中して取り組んでいました。
こちらはA1大のパネルを立てかけ、交代交代で仕上げていきます。
どのパネルもプロの左官職人ではかえって出来ない、味わいある表情が表れていました。

実際に施工作業の一端を体験してもらうことで、セミナーの内容をよりよく理解していただけたのではないかと思っております。

 ポーターズ作業風景.jpg
(ポーターズペイント ワークショップ風景)

珪藻土ワークショップ風景.jpg 
珪藻土ワークショップ風景)

JIA関東甲信越支部住宅部会HP  http://www.jia-kanto.org/jutaku/
住宅部会:秋田憲二/HAK Co.,Ltd 

posted by 住宅部会 at 21:26| 建築家と考える住まいづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

建築家と考える住まいづくり2010 第4回(7月)セミナー報告

P1080060.jpgP1080065.jpgP1080068.jpg
2010年度OZONEセミナー報告「建築家と考える住まいづくり」「快適な我が家実現のためのケーススタディ」
第4回セミナー「私にとって豊かな住まいとは?〜自由な間取りの家を考える」
2010年7月17日(土) 11:00〜12:30 於 新宿OZONE


今回、8名も参加があり、全員OZONEのHPからの参加です。講師として、児野孝治氏(児野建築研究室)と遠野未来氏(遠野未来建築事務所)にお願いして、15分ずつ自由なプランと自然素材について話してもらいました。それぞれ、似ているようでもあり、違うようでもある、建築家の話は固くなりすぎず良かったです。

今日の目玉はその後のワークショップです。仮想の敷地を渡して約30位の間に実際手を動かしてもらい、三人の建築家がその間を廻って色々聞いたり指導するのは、身近に建築家と触合えるいい機会だと思いました。私としても、初めての経験でどうなることかと思いましたが、アンケートにもあるように、“今日のセミナーは、リアルにしみ込むように響いてきた。”との感想もある。予想を超えて、たいへん好評でした。

今後もこのような機会を多く作って、もっと身近に触合えるセミナーにしていきたいと思いました。

次回は8月21日(土)に、第5回セミナー「みんなで一緒に住むことを考えよう〜快適な二世帯・多世帯住宅」が開催されます。
http://www.jia-kanto.org/members/event/event_m/lecture/bukai20100821.html


JIA関東甲信越支部住宅部会HP  http://www.jia-kanto.org/jutaku/
住宅部会市民住宅講座WG:三澤 護(株式会社建楽設計)
posted by 住宅部会 at 15:22| 建築家と考える住まいづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

建築家と考える住まいづくり2010 第3回(6月)セミナー報告

P1070338.jpgP1070343.jpgP1070345.jpg

OZONEセミナー報告「私のとって豊かな住まいとは?〜居心地の良い場所づくり」
2010年6月19日(土)於:新宿OZONE 

「私にとって豊かな住まいとは?〜居心地の良い場所づくり」と題して児野 孝治(児野建築研究室)によりセミナーを行ないました。梅雨の晴れ間の土曜日の午前11時から2時間、9名の方々が受講されました。今回は、ワークショップを行い、参加された方々に手を動かして戴きました。

始めに、大川氏よりJIA及び関東甲信越支部住宅部会のOZONEセミナーについての説明がありました。続いてセミナーに入りました。最初に、予め配布しておいた、9mmグリッドが書かれたA3の紙に受講者が現在住んでいる、住まいの平面図を書いてもらいました。平素住んでいる住まいの間取りを、なかなか思い出せなく、苦労されていました。「いかに住まいの事を考えず、また見ないで生活しているのかがよく判りました。」と、ある受講者のかたが言われていたのが印象的でした。それでも皆さん何とか書き上げました。次に、居心地の良い場所になる可能性がある手法と、その事例写真を紹介しながら、判り易く説明しました。受講者はメモを取りながら、興味深く聴いていました。

後半は、自分にとって何が居心地の良い住まい・場所なのかを考えてもらい、前半に書いてもらった平面図の、どこを修正したらもっと居心地の良い住まいになるかを考え、平面図を修整してもらいました。一般の人にとっては大変難しいワークショップでしたが、皆さん熱心に考え、書いておられました。時間が限られており、修正図は最後まで書き終わらなかった方もいましたが、住まいを創る時の参考になったようです。アンケートでも皆さん好評でした。尚、当日セミナーのお手伝い戴いた河辺氏、遠野氏にも受講者へのアドバイザーになってもらいました。

次回は7月17日(土)に第4回「私とって豊かな住まいとは?〜自由な間取りの家を考える」が開催されます。
http://www.jia-kanto.org/members/event/event_m/lecture/bukai20100717.html

JIA関東甲信越支部住宅部会HP  http://www.jia-kanto.org/jutaku/
住宅部会市民住宅講座WG:児野 孝治(児野建築研究室)
posted by 住宅部会 at 11:31| 建築家と考える住まいづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

建築家と考える住まいづくり2010 第2回(5月)セミナー報告

100515オゾンセミナーa.jpg100515オゾンセミナーb.jpg

2010年度 OZONEセミナーの報告「建築家と考える住まいづくり」「快適な我が家実現のためのケーススタディ」
第2回セミナー 「我が家の暮らしを見つめ直そう〜夢・希望・要望の上手なまとめ方、伝え方」 2010年5月15日(土)11:00〜12:30 於 新宿OZONE 

「自分の家を持つ時に、我が家はどんな家にしたい?夢や、希望を実現するために建築家など、家づくりの専門家にはどのように伝えたら、思いのままに伝わるのか、伝えるべきポイントを整理して考えてみよう」と試みのセミナーを講師に高橋隆博(アトリエ秀)、コーディネーターに近藤昇(近藤総合計画事務所)の2人で開催しました。

講師の高橋さんは同じ条件で100人の建築家へ頼むと、100通り以上の案が出るほど考え方は多種に渡る話を切り口にしてハウスメーカーや建売業者と建築家との違いを解説しました。要望を伝えるに当たり、要望書と言う伝達方法を使いながらどの様なことを書いても、建築家はその表現より、その中に含まれる内容を読み解きすることを大切に考えている話も解説しました。住まいづくりでの「建て主の役割や建築家の役割」から実際にある要望書を映し出しながらこのような要望書で良いのかどうか?説明をしました。

解説の終了後、実際の要望がどの様な実施例になったのかを「吹き抜け空間」「居間」「トイレ」「浴室」等のキーワードを使い実例を映し出しながら解説をしました。その後に近藤も同じキーワードで建築家によっての違いを、実例を映しながら解説しました。2人の違いが良く分かり面白いと思いました。

最後には疑似体験として参加者に、実際に要望書を作成してもらい高橋さん、サポートの大川さん、近藤の3人が話し合いや解説を行いました。今回は申込者が5名と少なかったですが全員出席となりました。又、出席者の方々は現実に計画を持っている方が多く、要望書は具体的なものでした。その話し合いや解説は真剣で熱が帯び、時間は大幅にオーバーしてしまい制限時間の13時に限りなく近づいてしまいましたが、参加者の方々には建築家と話をする良い機会となったのではないかと思いました。もう少し時間配分を考えれば良かったかなと反省をするところです。

次回は6月19日(土)に第3回セミナー「私にとって豊な住まいとは?〜居心地の良い場所づくり」が開催されます。
http://www.jia-kanto.org/members/event/event_m/lecture/bukai20100619.html

JIA関東甲信越支部住宅部会HP  http://www.jia-kanto.org/jutaku/
住宅部会市民住宅講座WG:近藤 昇(近藤総合計画事務所)
posted by 住宅部会 at 09:03| 建築家と考える住まいづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

建築家と考える住まいづくり2010 第1回(4月)セミナー報告

100417オゾンセミナーa.jpg100417オゾンセミナーb.jpg

建築家と考える住まいづくり 2010年度 4月 セミナー報告
「家づくりへの期待と不安解消! 〜家づくりの基本を知ろう」2010年4月17日(土) 於:新宿OZONE

コーディネーター:大川直治、講師:濱田昭夫、中澤 克秀でセミナーをおこないました。今回のテーマは家づくりにあたって、工務店・ハウスメーカー・建築家の特徴を挙げて、違いを整理することにありました。また2010年度はセミナー参加者に体験型のセミナーを味わってもらうという隠れたテーマがあります。そのため、簡単なYES・NO チャート(画像参照)を作成して参加者に記入していただき、どのコースに当てはまったか、どこがポイントだったのかを聞きながら、臨機応変に事例を交えて話をふくらませていきました。「自分が家づくりに関してこだわっていることは、どんなことなのか?」と言ったことを確認しながら、具体例の映像を見ての参加者と建築家のやり取りはこれまでのセミナーにはない感じでした。参加者は当日40年ぶりの4月の雪という寒い中のためか少なかったのですが、そのぶん密にやり取りができたのではないかと思っています。

YES・NO チャート作成にあたっては、住宅部会の面々にお手伝いをお願いしながら楽しんで作成できました。項目別に「総合」「性格」「お金」「設計」「施工」と分けて作成し、ホップ、ステップ、ジャンプとYES・NOを答えて行くと、あなたは「建築家」向きとか「ハウスメーカー」「工務店」向きなど、ゲームのように当てはめます。このやり方は応用が利き、またもっと突き詰めるとより良いものができそうな気がします。

事例は数件用意し、偶然にも3人とも、2世帯、3世帯、3所帯住宅という、複雑な家族構成を設計力で紐解くといった事例を用意していました。世帯住宅というテーマでもできるのではと感じました。(8月のセミナーでは、世帯住宅をテーマにします)

当日、寒い中でお越しになった参加者の皆さまありがとうございました。

次回は5月15日(土)に第2回セミナー「我が家の暮らしを見つめ直そうー夢・希望・要望の上手なまとめ方、伝え方」
が開催されます。
http://www.jia-kanto.org/members/event/event_m/lecture/bukai20100515.html

JIA関東甲信越支部住宅部会HP  http://www.jia-kanto.org/jutaku/
住宅部会市民住宅講座WG:中澤克秀(中澤建築設計事務所)
posted by 住宅部会 at 17:27| 建築家と考える住まいづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。